TOP 施設 ご宿泊
お飲物
各種お食事 特典付プラン
お申し込み

作家
森まゆみ
ご感想 よくある
ご質問
目次 交通 お部屋 空室状況 観光プラン
観光リンク
大林映画
ロケ地のご案内
魚信
の由来
アジの
ご注文
                              フリーダイヤル 0120−37−4028

                                                    

お部屋のご案内



   

数寄屋造りのご説明


  
数寄屋(すきや)とは茶室の意味で、茶席・勝手・水屋などが一棟に備わった建物をいいます。数寄屋造りは面皮(めんかわ)材・皮付き材を用いたり、色付きをほどこしたりした瀟洒な茶室風の建築をいいます。
漢字の楷書・行書・草書に例えると

寝殿造り(平安時代の貴族住宅の形式)は楷(かい)
書院造り(室町末期から起り江戸初期に完成した住宅建築の様式)は行(ぎょう)
数寄屋造りは草(そう)に当たります。
  
さわらび
早蕨

飛石を歩いて踏石(沓脱石)を踏んでにじり口からも
茶室内にはいれます。炉は四畳半切(広間切)の茶室です。
床柱には丸材が使われています。

浮舟 大板張天井 あじろ角組 ふすま引手(御殿引手)
床柱は 檜朽木(しゃれぼく)
広間 格天井(ごうてんじょう) 丸太ぶち かごあみ天井
初音 船底天井又は、かけ込み天井
須磨 床柱 杉柾のなぐり 柱 北山杉 かもい、かもいじき
赤杉 平天井 ささら落天井
廊下 かけ込み天井
  
              
           

「桐壺」「浮舟」「須磨」「大広間」「初音」の写真


                下の5枚の写真はクリックしますと拡大します。
「桐壺」のお部屋
一階桐壺のお部屋
「浮舟」のお部屋
一階「浮舟」のお部屋
「須磨」のお部屋
二階「須磨」のお部屋
「大広間」
二階「大広間」
「初音」のお部屋
三階「初音」のお部屋
お部屋の名前は源氏物語
から名付けられました。
最新ブログへ

お部屋のご指定は18900円から承っています。この場合でも先約や
お部屋の収容人数の都合でご指定を承れない場合がございます。


「帚木」「明石」「お風呂」の写真


掃木の写真


明石の写真
「帚木」(すきや)

一階「帚木」のお部屋
桐壺の隣のお部屋です。「ははきぎ」を
魚信では昔から「すきや」と呼んでいます。
「明石」
二階のお部屋です。
「須磨」と同じ額入障子があります。
階段が少し狭くなっています。
(洋式トイレ付)
 
風呂の写真



「お風呂」
お部屋ごと貸し切りでご使用いただけます。
シャワー2個つき。4名様用。

「お風呂の天窓です。大勢様の場合千光寺山荘のお風呂をお薦めします。(無料)


下の内窓のスケッチはクリックすると拡大します

五窓のスケッチ

あやめに水車の内窓 明石の内窓 茶室の内窓
桐壺の内窓
             
大広間の内窓

明かり窓

浮舟明かり窓

茶室のスケッチ


茶室を中庭から
茶室の内部のスケッチ(冬)
お手前

お点前



サイトの管理責任者 山崎信幸 E-mail info@uonobu.jp
TOP 施設 ご宿泊
お飲物
各種お食事 特典付プラン
お申し込み

作家
森まゆみ
ご感想 よくある
ご質問
目次 交通 お部屋 空室状況 観光プラン
観光リンク
大林映画
ロケ地のご案内
魚信
の由来
取材
桐壺(きりつぼ) 浮舟泊り 須磨(すま) 浮舟(うきぶね) 大広間(おおひろま) 初音(はつね) 明石(あかし) 夕霧(ゆうぎり) 掃木(すきや) 風呂(ふろ) 平面図